--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月28日 (水) | Edit |
息子の学校は今日から中間テストが始まりました。
「もう、大学決まってるのに今さらどうするん。」と言いつつも、
今朝はちゃんと早起きして定時に登校いたしました。
テストは3日間。
なんとか最後まで頑張って欲しいものです。

息子の友人達もそろそろ進路が決まってきたようで、
同じクラブ内の5人の男子はそれぞれ希望の大学なりに進学が決まったそうだ。
進学コース時代の友人も、試験はこれからだけど、
D大希望者が大半のようで、ラストスパートというところらしい。

中学から同じ友人は朝学習に参加しているらしく、
先日久しぶりに会ったそうだ。
「相変わらずH医大希望なんか?」って聞いたら、
「そうやで。」と言っていたそうだ。
みんなそれぞれに自分が決めた進路に向かって頑張っているようです。

卒業まであと3ヶ月弱。
長いようで短かった息子の高校生活ももうすぐ終わりになるな。
先日息子がカウンセラーさんに
「不登校になって良かったやん。」と言われたそうだ。
不登校になって引きこもったおかげで、色々考えることもできただろうし、
挫折感や絶望感も味わっただろうけど、音楽という希望の道を見つけることができた。

もしもあのまま親の言うなりに進んでいても、
いつかは違和感を感じて、前に進めなくなるときが来るはずだ。
「まだ高校生のときでよかったんじゃないですか?
人生まだまだこれからなんだし、遠回りしようと、最終的にゴールに到達すればいいんですからね。」
と、担当医に言われた事も思い出した。

うん、そうかもしれないな。
私だって、息子が不登校にならなかったら、
今のような柔軟な考えなんて持つことができなかったと思うし、
“すべては息子の為”という言葉を隠れ蓑に、
自分のエゴの為に息子をコントロールしようとし続けたかもしれない。

子どもは親の“操り人形”じゃない。
子どもの考えを尊重するってことも学んだ。
不登校になってもうすぐ2年になるが、
ホントに色々学んだと思う。
まだまだ学ぶ事はいっぱいあるのだろうけど、
とりあえずは 不登校バンザイ!



スポンサーサイト
2009年09月20日 (日) | Edit |
娘のお弁当
P1010161.jpg

 *ウインナーとうずらの玉子焼き
 *春巻き(冷凍)
 *カニコロッケ(冷凍)
 *さつまいも
 *ブロッコリー

シルバーウイークに入りましたが、
息子は相変らず登校せず、1週間家に篭ってます。

無断欠席はいけないので、
顧問の先生に毎日連絡を入れるのですが、
「調子はどうですか?」
と尋ねられても、
「相変らず寝てばかりで・・・」
と答えるしかありません。

「大学への提出課題が出来たら、少しは落ち着いて、
登校できるかと話していたんですけどねぇ。」
と顧問。
「そうですね。私もそう思っていたのですが、
まだまだ面接等もございますし、合格が決まったわけじゃないので、
本人は相当緊張しているんだと思います。」
「友達と、連絡取ったりしてますか?」
「いいえ。」
「友達と話したりすると、また気分も違うんでしょうけどね。」
そんな話をしながら電話を切った。

息子のクラブは10月に東京遠征を控えていて、
息子はその手伝いに名乗り出ているのですが、
今の息子の状態を見て、顧問の方から“GO”サインが出ません。
「そろそろ学校に行かなきゃな・・・」
と、息子もわかってはいるのですが動けません。

はぁ・・・きっかけ、あるといいな。

2009年07月09日 (木) | Edit |
娘のお弁当
P1010068.jpg
 *鶏のから揚げ
 *セロリと豚肉のオイスターソース炒め
 *チーズかまぼこ
 *ブロッコリー
 *サツマイモの天ぷら
 *オムレツ(冷凍)
 
今朝は蒸し暑かったけど、いつものようなだるさはなく、
スッキリとは行かないまでも、なんとか起きることができました。

息子はこの頃朝早く目が覚めてしまうようで、
今朝も5時頃からゴソゴソしていた。
結局二度寝もできなかったようで、私が起きたときには、
自分の部屋で座椅子に寝転びながら。
優雅にベートーベンの田園を大音量で聴いてました。

娘はその様子を横目で見ながら、慌しく朝の身支度をし、
朝食のコーンフレークをほおばり、
「お兄ちゃんは余裕でいいな~~。」と言ってました。

でも、娘はお兄ちゃんのようにしたいわけじゃなく、
今日も重いかばんを肩から提げて、テニスラケットに、
水着袋まで持って出かけていきました。
本当に娘の頑張りには頭が下がります。

つい、“そんなに頑張らなくたっていいんだよ~”って言いたくなりますが、
娘は娘なりの目標があるようですし、
「私はお兄ちゃんのようにはなれへん。」と、
負けん気の強さを発揮していますので、
それはそれでいいのかな~~と思ったり。

結局息子は今日もお昼過ぎから登校。
“週休4日登校”発言はどこへやら?と思ったけど、
「明日から、朝から学校行くから。」
と、また宣言していた。
明日はお弁当2つ、作れるかな?
2009年07月03日 (金) | Edit |
息子はテスト中にも関わらず、勉強の方は全くする気がなくて、
「楽器屋に行ってくる」と、いたってのんき。
でも、元気がいいのはいいな。
「はいよ、行っといで。」と、快く送り出した。

2時間ほどで戻ってきたけど、お目当てのスコアは無かったそうで、
欲しいCDを2枚購入してました。
しめて5千円也。
あ~あ、もう今月のお小遣い使っちゃったよ。
まだあと1ヶ月もあるのにね。
本当に息子は計画性が無くて困ります。

それでも、好きなCD買って上機嫌な息子。
嬉しそうに何を言うのかと思ったら、
「オレ、来週から週休4日で学校行くから。」
家族全員キョトンとして「???」
私が「急にどうしたん?」と聞くと、
仲の良いクラスメイトが、学校に来いよと声をかけてくれたそうなのだ。

息子のクラスには男子が7人ほどしかいなくて、
そのうち、息子を含めた2人が不登校。
ところが、もう1人の不登校の子が先日から、クラブにだけ出るようになったそう。
そうとなれば、残り少ない高校生活、一緒に勉強して、
“みんなで揃って卒業しようや”と、盛り上がったらしい。

そういうことで、息子は当分、週休4日を目指し、
もう1人は週休5日を目指すそうだ。
そうして、3学期にはちゃんと登校できるようにっていうのが、
みんなで考えたシナリオなんだそうだ。

まあ、できるかどうかは別として、
息子から前向きな言葉が出たことが素直に嬉しかった。
実行できなかったとしても、それはそれで良しなのです。
それにしても、友人の力ってすごいですね。

P1010005.jpg
芽依くんです。
最近は暑いからか、階段の上とか、床に寝そべってることが多いです。
2009年06月06日 (土) | Edit |
ここ3週間、ほとんど学校には登校していない息子。
かろうじてテストだけは受けたけど、
大好きなはずのクラブにも行かない日が多い。

主人は、登校しない息子にイライラ感を感じていて、
ご機嫌斜めなことが多いから、こっちも気を遣う、気を遣う。

息子は息子で、父親の顔色うかがいながら、
「お父さん、何か言ってる?」
と、聞いてくる。
「別に・・・今日はどうするん?」
「・・・行きたくない。」
行く気が無かったらどうしようもないな~~

担任からもFAXが送られてくる。
一昨日は、二者面談の日程表。
昨日は、夏休みが1週間短くなるというお知らせ。
そのたびに一言添えて送ってくださるのだけど、
息子は無視。

で、今日はとうとう電話がかかってきました。
「このところ学校に来ていないようなんですが・・」
「はい、行きたくないと言ってます。」
「クラブの方にも出ていないようですね。
息子さんの場合、医師の診断書が提出されていますから、
卒業の方は大丈夫だと思うんですが、
このまま休みが続くと、大学入試が難しくなってきますので、
少しだけでも出るように、声かけしていただくと助かるんですが・・・」


“行きなさい”と言って、行ってくれれば世話はないんだけどね~~
後で息子とも話をしていたのだけど、息子は、
「話の5分の4は聞いてなかった。」
と言っていた。
先生、すみません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。