--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月08日 (金) | Edit |
息子のお弁当
P1010461.jpg
 
 *いんげん、じゃがいも、ベーコンの炒め物
 *ステーキ
 *卵焼き
 *キャベツ、人参、レーズンのコールスロー
 *田作り

今日から娘の中学校は三学期が始まりました。
昨晩は早めに寝るように言っていたのですが、
またまた娘の“学校行きたくない病”が発病。

夜なかなか寝ないのはイエローサインです。
「明日の支度したくない。」
「じゃあ、明日の朝やったらいいから、寝たら?」
「だって、寝たら明日になっちゃうもん・・・」
結局娘が布団に入ったのは午前1時近くでした。

早く大人になりたい。
早く働きたい。
東京に住みたい。
車の免許が取りたい。
これが娘の口癖です。

だよね~~。
中学校生活って疲れるよねぇ。
「お母さんだって、そういうことは経験済みだからわかるけどね。
嫌なら、学校行かなくてもええやん。」
と言っても、
娘は行くのです。
頑張ってます。

「お兄ちゃんみたいにはならないから。」とも言います。
今年はいよいよ三年生。
あともう少しだ。頑張れ!
スポンサーサイト
2009年12月15日 (火) | Edit |
娘のお弁当
P1010403.jpg

 *コロッケ
 *人参のコンソメ煮
 *ちくわとピーマンの炒め物
 *ウインナー
 *チーズかまぼこ

今日は娘の三者懇談がありました。
持ち時間が15分だったので、成績表を見せてもらい、
冬休みの過ごし方についてのプリントをもらうくらいでした。

成績の方は全く問題ナシ。
むしろ、怖いくらいの成績です。
でも、娘は音楽が“4”だったのが納得できなかったよう。
「なんで“4”なん?これって恨みつらみ(←吹奏楽部を退部した)ですか?」
「はは(笑)それはないと思うよ~。
そんなに不満なら、音楽の先生に確認してみようか?」と担任。

テストは最高点。提出物も完璧。
授業態度も良いし、リコーダーだってちゃんと吹けてる。
なのに“4”というのが腑に落ちないらしい。
まあ、確かに音楽は小学校の頃から常に最高評価でしたから、
娘にとってはショックだったんでしょうね。
でも、副教科の成績の評価基準って、ものすごく曖昧だと思うから・・・

しかし、娘の負けず嫌いには感心いたします。
息子には競争心のかけらもありませんが(最近はちょっと芽生えてきたらしいけど)、
下の子って、どうしてもそうなるんでしょうかね。

2009年11月12日 (木) | Edit |
娘のお弁当
P1010314.jpg

 *かぼちゃの煮物
 *かまぼことピーマンの醤油炒め
 *ウインナーのベーコン巻き
 *チキンカツ
 *人参のピクルス

昨晩、娘の置かれている状況を主人に相談したら、
結構な剣幕で「担任に言わなアカン。なんでうちの子が間に入らなあかんねん。」と言っていたので、
やはり、担任に電話を入れることにしました。

娘の担任は今年初めて教員として採用された新人さんで、
まだ若い女の先生だ。
担任には、娘が今回の件で相当なストレスを抱えている事。
学校に行きたくないと言っている事。
そして、この件には関わらせたくない事など、何点か話をさせてもらった。

話を聞いた担任は、
「そんなふうに思っているなんて、全く知りませんでした。
今日も相談しようと思っていたんですが、止めた方がいいですね。わかりました。」
とおっしゃった。
う~~ん、やっぱり電話して良かったわ。
あのまま担任に任せていたら、娘がクラスメイトの間で悪者にされてしまうところだった。

息子の時もそうだったけど、
本当に中学校っていうところはドロドロしてます。
娘は毎日のストレスをどう発散したらいいのかわからなくて辛いようです。
でも、親に言えるだけマシなのかも。
なかなか良い回答は出せないけど、
話を聞いてやるだけでも少しは気持ちが軽くなるようですから。
息子は全く話さなかったので、不登校とういう行動で表現したんだと思います。
娘とはそこが違うんですね。

夕方、娘がどんな顔をして帰宅してくるか心配だったけど、
「もう、嫌な事は気にしないことにした。」と、少しさっぱりとした様子で話をしてくれた。
とりあえずはやれやれって感じです。








2009年11月11日 (水) | Edit |
娘のお弁当
P1010313.jpg

 *雑穀米
 *クリスピーチキン
 *ウインナー
 *チーズかまぼこ
 *焼きそば
 *ほうれん草のゴマ和え
 *かぼちゃの煮物

(昨日の夕飯が鍋焼きうどんだった為に、
今日はおかずになるものが無くって、かなり冷凍ものに頼ってしまいました

息子は現実逃避?の為か、今日は一日中眠ってました。
雨も降っていたし、登校するタイミングを逃してしまったみたいです。
ま、仕方が無いですね。

娘の方は例のイジメの件で病み病みモード全開で、
「学校に行きたくない」を連発。
なんでも、担任がまた娘を呼び出して、
娘からNちゃんに“私がやりました、ごめんなさい”と
申し出るように言ってくれないかということらしいのです。
「そんなんやったら、アンケートに何も書けへんかったら良かった。」とブツブツ。

娘にしてみれば、いじめられている子が可哀想だからと、
親切心で勇気を出して書いたのに、
仲介役までさせられるっていうのはどうかと私は思います。
今日はNちゃんからにらまれたそうで、
今度はイジメの矛先が娘に向く事だって無いとは言えません。
これはちょっとこちらからも一言言わせてもらわないと。
ますます難しい問題になりそうです。


2009年11月10日 (火) | Edit |
娘のお弁当
P1010312.jpg

 *チキンカツ
 *ブロッコリー
 *青ねぎ入り玉子焼き
 *かぼちゃのソテー
 *りんごの甘煮

娘は帰宅するなり「もう1組嫌や。」とぼやきだした。
「どうしたん?」と尋ねても、あまり喋りたがらないので黙っていたら、
「ほんとに失望したわ。」と言い出した。

詳しくは話さないのだけど、
クラスの中でイジメがあるそうで、
そのイジメをしているのが娘の友達のNちゃんだったそうなのだ。

NちゃんはHちゃんの悪口をいつも言っていて、
それを毎日聞かされていた娘はイライラしていたんだけど、
まさかイジメをしているとは知らなかったらしい。
でも、Nちゃん本人が「私がやってん。でも誰にも言わんとってな。」と口止めされたそうだ。

学校でイジメが問題になり、生徒にアンケートを取ったらしく
娘はNちゃんの名前は書かなかったけど、
“知ってる”ってことを正直に書いたそうだ。
先日の教育相談では何も話さなかったが、
イジメられている子が可哀想ってこともあったし、
Nちゃんの為ということもあって、告発に踏み切ったそうだ。
これは結構勇気のいることだと思うので、
私の娘ながら“強いなぁ”と思ったのでした。

今日はその事で二度も相談室に呼ばれ、先生に色々聞かれたらしい。
「私が話したって、先生言わないよね?なんか、言いそうで怖いわ。」
「う~~ん、薄々分かるかもしれないね。先生に電話しとこうか?」
「ううん、いい。」と娘が断ってきたので、
親としてはそれ以上首を突っ込むことができないのかなぁ。
しばらく様子を見るしかないのでしょうか。
娘は相当なストレスを抱えているようです。
どう対処したらいいのか悩みます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。