--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月16日 (月) | Edit |
心療内科に行ってきました。
診察の前にカウンセリング。
いつもは息子との話だけなんだけど、
今日は少しだけ時間を取ってもらい、私も話をさせていただいた。

息子が自立していくのにはどうしたらいいのか。
主人に、どう協力してもらったらいいのか。などなど。

カウンセラーさんは、
「そうか~不安なんだね~。
自分で進路を決めて、やらなきゃならないことも本人は十分わかってる。
でも、不安で不安でたまらないんだね。」

と頷いていらっしゃった。

毎日、夜になると唸って暴れるのも、
私が居ると特にひどい。
だから、最近は主人に布団を並べて息子と寝てもらっているのだが、
「ああ、それはいいわね。」
とおっしゃっていた。

「男の子と母親の関係って、急に突き放すとあまりよくないから、
やんわりとね。
ご主人が協力してくれるのはすごく良いことよ。
とにかく、何があったって、親はあなたのみかたなんだよってことを、
息子さんが感じ取れれば大丈夫。」

とも、アドバイスしていただいた。

担当医の先生との話では、
最近、息子が少しずつ、ウォーキングをしたり、腹筋をしてみたり、
縄跳びしてみたりしていると言うと、
「この年代の男の子って、父親と話す事って殆ど無いんですよ、
だから、一緒にウォーキングに行って、話をするっていうのはいいですね。」

と褒めていただいた。

ただ、寝る前に運動すると、神経が高ぶって、返って眠れなくなる事があるので、
運動するのは食事の後にしてくださいと教えていただいた。
「この病気は寝て治すっていうのが基本になりますから、
十分すぎるくらい睡眠を取って、適度な運動をしてくださいね。」


気になっていた、薬の副作用のことも息子は先生に尋ねていて、
少しは安心したようだった。

診察帰りに、息子と二人でラーメンを食べ、
そのあと、1週間ぶりに息子はクラブに行きました。
ちょっと、ホッとした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。