--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月02日 (日) | Edit |
息子は今日で夏期講座のすべてが終了。
最終日の今日は、ソルフェージュ、旋律調音、ピアノのテストでした。

朝出かける際に、
「緊張するわ~。でも、今日で終わると思うとホッとするわ。」
と言い残して出かけて行きました。
緊張で少しばかり寝不足なのだけど、表情が明るかったので良かったです。

午後3時ごろには、テストが終わったとの帰るコールが入り、
1時間ほどして帰宅しました。
「どうやった?」
と、私が聞く前から、
「あ~~全然アカンわ~。」
と言って、携帯を取り出し、作曲の助教授に電話を入れていた。
「あの、全部終わりました。ソルフェージュと調音は結構取れたと思うんですけど、
ピアノが全然ダメで・・・。」

助教授が何て言っていたのかは不明なのだけど、
息子の態度からも、深刻な感じは受けなかった。

「どう?受かりそう?」
「ピアノがな~~。」
「ま、気分を変えて。今度は特別推薦に向けて頑張らなな。
あと1ヶ月ほどなんやろ?」

「うん。」

夏期講習の出来はとにかく、
毎日出席して、最後までやり通したことで、
息子は達成感を感じているみたいだ。
体調面を考えて、明日はゆっくり休ませようと思っていたのだが、
息子の方から、
「明日、クラブに行こうかな。」
と言ってきた。
無理は禁物だけど、息子の考えを尊重しようと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
音楽関係って
何もかもやんないといけないみたいで大変そう。
家のピアノのお教室も毎年音高へいく子がいるんですけど。
声楽志望でもピアノ必須みたいだし。
すごいなあ、と思う。
受験前は地獄のレッスンだし。
ほんと好きじゃないとやれない世界ですよ。
娘もピアノずるずる続けておりますが。
「私には無理」ときっぱり。
一音一音にこだわり、ストイックに練習する。
否が応でも他人と比較されてしまう。

有名なコンクールの常連さんたちは通信制を選択する子が多いですね。
「音楽」ときめたんでしょうね。
いばらだろうが本人がそうしたいんだから。
幸せなことだ、と思いますやはり。
2009/08/03(Mon) 05:06 | URL  | おとね #-[ 編集]
おとねさんへ
息子が音楽系の大学への進学を希望したのが、
今年に入ってからだったので(普通は中学の頃から準備するらしいです)、
すべてがバタバタで、大変だったと思います。
作曲の勉強も本腰入れてやりだしたのが3月でしたから、
無謀といえば無謀。
ピアノも8年のブランクがありましたから。
顧問からも、「一浪すれば四年制に受かると思うけど、
浪人は勿体無いから、短大から編入するのがいいんじゃないか。」
というようなお話をもらっていました。
息子本人もそのつもりだったのですが、
大学に行って、進路担当の方のお話を聞いたら、
“やっぱり四年制に入りたい”と思う気持ちが強くなったみたいなんです。
結果はどうであれ、それに向かって努力する過程が大切ですから、
目標に向かって頑張って欲しいものです。
今の息子から「音楽」を取ってしまったら、何も残りませんから・・・
2009/08/03(Mon) 08:40 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。