--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月16日 (木) | Edit |
息子の学校では今週の火曜日から3日間中間考査がある。
担任の方からも、テストだけは受けて欲しいと前々から言われており、
息子自身も、テストを受けずに留年というのは嫌なのだろう、
“テストは受ける”と言っていた。

初日は時間通りに登校し、教室でテストを受けた。
「どうやった?」
と聞いてみると、
「寝てた。監督の先生が、記号だけでも埋めろって言ったけど、何も書けへんかった。」
「仕方がないよね。」
「明日行くの嫌やな~。」
私は、“行きなさい”とも、“休みなさい”とも言えなかった。
テストを受けると言ったのは息子自身だからだ。

二日目は朝起きられず、急げば間に合うのになかなか動かない。
普段は寝ている主人も、なんとか息子を学校に行かそうと必死だ。
「別室で受けたい。」
と言い出したので、慌てて担任にその旨を電話で伝えた。

テストが終わって帰宅すると、崩れるように眠ってしまう。
“無理してるんだろうな”とすぐに分かる。
母親の心情としては“無理せんでええで”と言ってやりたい。
だが、主人は何としてもテストだけは受けさせたいのだ。

そして、今朝。
早めに起こしてはいるのだが、起きない。
主人は息子に付きっきりで、
「早よせな、間に合わんで。」
と何度も言っている。
私はなんだか辛くて、息子を急かすようなことはしなかった。
「また、別室で受けるように先生に電話入れとくね。」
と言うと、息子は黙って頷いていた。

息子がようやく登校するまで2時間もかかった。
重そうにペダルを漕ぐ息子の後姿を、なんとも言えない気持ちで見送った。
「なんか、可哀想やな。」
主人がボソッと言った。
その言葉を聞いて、主人もようやく少しは理解してくれたのかなと思った。

クラブだけ出て、出席日数稼いで、テストだけ受けて、何とか進級したって、中身は空っぽだ。
息子もクラブは楽しんでいるが、勉強できない自分を責めている。
だから、最近はクラブも休みがちになっていたりする。
“なんとか勉強しなくちゃ”と思っても、どうしても教室には足が向かない。
そんな息子の気持ちが私にはよくわかる。
だから、親に心配かけまいと、単位制高校に行きたいと言い出したのだ。
でも、これは私達の気持ちを考えて言ったことであって、
息子自身が“どうしても行きたい、行ける”と思って言ったわけではないと私は思っている。

このままで行くか、休むか、それとも辞めるのか。
息子も本音で主人と話せたらと願う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たとえ無理しているんだとしても
旦那さんも生活を支える柱としての考えがおありだし、
でも息子さんの辛さを目の当たりにすれば、
段々に変わられるのかも知れませんね。
それをどちらも大切にしながら見守る
わびちゃんさん偉いなあと思います。

私も息子が決めるしかないのだと思います。
それをジャマしないでいたいと心から思います。

どうしても近道や どうにかならないものかと親は思ってしまうけれど、
息子の人生は息子が自分で歩いていくもの。
息子自身がいっぱい経験してみて自分で納得するしかないのだと、
ザワザワする自分に言い聞かせています。
2008/10/16(Thu) 18:29 | URL  | u-たん #8mQnrvzk[ 編集]
私も息子さんが自分で決めて歩き出すのがいいと思います。でも、なかなか歩き出せないわが子を見守るのは辛い・・・

旦那様も自分の気持ちと格闘中なのですね。
2008/10/16(Thu) 22:44 | URL  | *羽奴・゜゜・。♪ #HDeONru6[ 編集]
u-たんさんへ
主人としては息子の将来を心配するがあまりに、
いろいろと言うのだと思います。
それに、主人の言ってることは一般論だと思いますし、
親として当たり前の事なのかもしれません。
でも、子どもの行動に一喜一憂していたら、
子どもも親の態度を見て、無理することもあると思います。
過度に心配することや、落ち込む姿を見せる事は、子どもにはあまりよくない事なんでしょうね。
2008/10/17(Fri) 00:47 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
羽奴さんへ
主人も辛いんだと思います。
男親ですし、息子の将来を心配するのは当たり前のことだと思います。
ただ、慎重になりすぎて、せっかくのチャンスを逃してしまうってこともあるので、
ある程度、息子の意見も聞いてあげて欲しいですね。
主人の心も解放できたら、楽になるのになと思います。
2008/10/17(Fri) 00:56 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
必要な貴方
わびちゃんさんが、息子さんの辛い気持ちを
少しでもわかってくれてるから、
息子さんは、正直な気持ちも言うことができて、
救われてると思います。

ご主人の常識的な考え、
なんとか高校を続けさせたいという思いも
当然のことですね。

やっぱり板ばさみは、きついけど、
息子さんの気持ちも、ご主人の気持ちも
分かることができるわびちゃんさんが居てくれて
二人にとって、クッションのようで
必要な存在なのでは、と思います。

自分にたまる思いがあれば
ブログへ吐き出して、進んでいけるといいのかな
と私は思います・・・
2008/10/17(Fri) 09:22 | URL  | ムスカリ #-[ 編集]
何かの記事で読んだのですが
父親は出港の役目をし 母親は港の役目をするとありました。

港の中は静かでも外海にでれば荒い波がまっています。
父親は 「おまえならできる。やってみろ。」と
子供の背中を押すのが役目だそうです。
母親は 帰れば暖かく迎えてくれる港だそうです。

うちの家庭でも 父親は自分に厳しい人なので息子にも結構きびしいです。 
甘えを許さないタイプです。 
父親は世間の厳しさといつも戦っているのでそうなってしまいますね。

でも父親が厳しい一面を持つことは大切なことだとおもいます。
(厳しいばかりで理解がないのは良くないけど 
うちも「息子の気持ちも理解するように努力してみてよ」と主人に言ってみたりする。)

ご主人様もかなり真剣に息子さんと向き合おうとなさっているご様子。
わびちゃん がんばってください。

2008/10/17(Fri) 17:32 | URL  | マイレ・ママ #-[ 編集]
ムスカリさんへ
確かに板ばさみはキツイです。
最近は、“息子の気持ちも分かるし、あなたの気持ちもよく分かる”と主人に言うようにしています。
主人の言う事にいちいち反論すると、余計に機嫌が悪くなりますからね。
主人も今の息子の状態を見て考えているようですし、
私は、ムスカリさんのおっしゃるように、クッション的役割になれればいいと思ってます。
これからも、ブログの方にはグダグダと書かせていただきます。
2008/10/17(Fri) 18:37 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
マイレ・ママさんへ
そうですね、主人は主人なりに息子の事を思ってるんですよね。
夫婦と言えども考え方はそれぞれなんで、全く同じになるっていうのは難しいと思います。
ただ、お互いの考えは尊重していかないといけませんね。
母親の私としては、大きな気持ちで見守りつつ、
息子が疲れたり辛いときには癒せる存在になれたらと思います。
がんばります!
2008/10/17(Fri) 21:15 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。