--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月21日 (火) | Edit |
最近の息子はずいぶんと機嫌が良い。
主人は以前のように“早よ起こしてこい”をあまり言わなくなった。
だから、息子は朝はゆっくり起きて、
朝食を取ってからまたゴロゴロ。
ネットをやったり、新聞読んだり。

お昼近くになると、主人はちょっとイライラしてきて、
“早よ、行きや”としきりに言うようになる。が、息子は知らん顔。
息子にしてみれば、午後からの部活にさえ間に合えばよいのだから、
急ぐ必要もないのだろう。
私はそれを分かってるから、特に何も言わずに放っている。

今日は店が休みで、主人も私もゆったりペース。
それでも、主人は何とか息子に早く学校に行ってもらおうと、
自分でコンビニに行って、おにぎりやら、ネギトロやらを買い込んで、
息子に食べさせていた。

食べ終わったら、登校するのだろうと思っていたが、
息子は全く動かず、ゴロンと寝転ぶと、また眠りだした。
主人は大分イライラしていたようだ。
せっかくの休みで、外出しようと思っていたのだが、
息子がこんな調子なんで、いっこうに出掛けることができない。

今度は主人の方が“寝る!”と言って、二階に上がってしまった。
私はため息をつきながら、息子の顔を見た。
「行くの?行かないの?」
「行く。」
「じゃあ、身支度ぐらいしたら?もう2時だよ。お母さん出かけたいのに、出られないよ。」
「勝手に出かければいいやん。」
「だって、放っておいたら、学校に行けへんやろ?」
「行くわ。」
そんな会話を息子と交わしたが、
“行く”と言いながら、私達がいないとそのまま出かけずにいることが多いのだ。
私は“好きにしたらいい”と思うのだが、
主人がそれでは気が済まない。
この頃は「ちょっとずづでいいから、そろそろ教室に行って勉強せなアカンで。」
としきりに言っているらしい。
平気な顔でのんびりしてる息子の顔を見ると、
“何を考えているんだろう”と、またため息をついた。

“このままではいけない”と、思っているとは思うのだが、
焦る様子もなく平然としている。
それを見て、主人は余計に悩むのだろう。
寝ていたと思ったら、起きて、黙ってどこかへ出かけてしまい、
9時過ぎまで帰って来なかった。
夕食もようやく食べたのだが、全く話をしない。
“また、この空気。嫌やな~”と思ったが、
私も主人には何も言えないでいた。
まだまだ悩みは尽きません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も以前、ご主人と同じような気持ちでいました。
毎日、毎日、子どもが何を考えているのかさっぱりわからず、一人で空回りをして(心配の空回り)イライラしていました。

きっと 息子さんのほうから「僕はこんなことで困ってる。悩んでいるんだよ。今はこうしたい(例えば学校に行きたいとか)気持ちはあるけれど、なかなか難しいんだ」なんて話すことは無理だろうから、わびちゃんが代弁してあげてはいかがでしょう?
(もうすでに、されていたらごめんなさい)
そんな解説を聞くだけでも、ご主人のお気持ちは楽になるような気がするんだけど、どうかな?

今、我が家も下の子の気持ちがわからず、私がイライラしてきています。
2008/10/22(Wed) 20:08 | URL  | *羽奴・゜゜・。♪ #HDeONru6[ 編集]
羽奴さんへ
そうですね~。
息子が自分の考えをちゃんと言えれば全く問題ないんですけどね。
すごく優柔不断なんで、息子自身も悩み中なんだと思います。
ある程度親が道を作ってやらないと、なかなか進めないのかもしれません。
私が仲介役をしなければなりませんね。
2008/10/22(Wed) 20:56 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
なんだろ わからない。
学校に行かなくても いいけど

生きてる事に楽しみを感じてるのかな?

毎週欠かさず見てるテレビとか 誰かの

CDは毎日聞いてるとか? 

誰かの大ファンとか 野球がすきとか?

学校じゃなくても いつも通うようなところが

ないのかな? 友達はいないの?

高校生活より 将来の生きがいを見つければ

惰性じゃなくても前に進める気がします。

それが 難しいのでしょうが。。。

少し お酒飲ませちゃえば。。。

凶と出るか 吉と出るかわかりませんが。。。
2008/10/23(Thu) 00:39 | URL  | onlycross #-[ 編集]
onlycrossさんへ
とりあえず息子は部活動に参加する事が楽しいようです。
私としては、部活動だけでもいいから、家から外に出てくれるのは嬉しいことです。
何しろ、3ヶ月前までは考えられなかったことですからね。
“消えて無くなりたい”と言われたときのショックはそれは大きいものでしたから、
今は、とりあえず笑っていてくれたらそれでいいと思うのです。
息子が十分に心の休養をとったら、また動き出す時が必ず来ると信じています。
2008/10/23(Thu) 01:19 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
不登校の子供を持つと
人間、幸せってなんだろう?って思いませんか。

ご主人が息子さんにさせたいこと、親として
当然だと思います。
学校へ行って、働いて、友人と遊んで
恋をして・・・
それが人間の生きる姿で、生きがいを持ってないと
人間ではない、というのは常識ですが・・

「消えて無くなりたい」と、ちゃんと息子さんは
気持ちを言ったこともあるのですね。

すごいですね~。
親を信頼してくれて、もう少し、甘えさせてほしいと
言ってくれたのではないでしょうか。

ご主人の愛情もきっと息子さんには伝わっていると思います。

わびちゃんさんの板ばさみの辛い気持ち・・
解決はできないけど、吐き出しのブログは気持ちの整理に、きっといい効果があるように思います。
2008/10/23(Thu) 08:20 | URL  | ムスカリ #-[ 編集]
ムスカリさんへ
息子が不登校になる前は、
進学校に入学し、勉強もそこそこできて、
このまま、一流大学に入って、一流会社に就職して・・なんて考えてました。
でも、学校に行けなくなるどころか、布団からも出られなくなり、
“お父さんやお母さんに迷惑ばかりかけて辛い。もう死にたい”と言って泣いていた時期は、
ただ、元気で生きていてくれればいいと願ったものです。
私自身も初めは不登校が受け入れられず、また、息子の将来を思うあまり焦る毎日で、
何度も何度も学校に出向いて、担任と話をしたりと必死でした。
でも、ムスカリさんはじめ、いろいろな方のご意見や考えを聞いて、
私も穏やかな気持ちになれるようになってきましたし、
息子もだいぶ明るさを取り戻してくれました。
これから先のことは、心配しても仕方がないので、
“なるようになる”の気持ちでおおらかにいたいと思います。
2008/10/23(Thu) 16:13 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。