--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月21日 (金) | Edit |
朝9時過ぎに起きて(起こすのだけど)、朝食を食べ、
また少し眠って、昼食を食べる。
ゆっくりと支度をして、1時半頃に登校。

学校に着く頃は5時間目の授業らしいが、
教室には向かわず、職員室にあるブースで本を読んだり。

別室の方は、もう大学進学が決定している3年生達が来ては、
ベラベラと話をしているので、鬱陶しいのだそうだ。
そして、終礼にだけ参加して、クラブ活動へ。

これが最近の息子のペース。

勉強の方は相変らず進んでいない。
でも、クラブ活動は楽しく参加している。

帰宅しても、以前のように崩れるように眠り続けるといった事も無い。
ちゃんと夕食を食べ、パソコンしたりして、お風呂にも入る。

授業を受けていないこと意外は、ごく普通の高校生活。

勉強をしなくなって約1年。
主人は、“1教科からでいいから、ボチボチやってみろ”と言っている。
“午後の1時間でいいから授業に出てみたら”とも言っている。
が、授業の方は出られないらしい。

でも、昨日は違ったらしい。
いつものように職員室に行くと、ちょうど担任がいて、
息子に向かって両手を広げて制止させるような態度をとり、こう言ったそうだ。
「わかった。わかった。お前が職員室で勉強したいのはよ~く分かってる。
でもな、次の6時間目の授業、オレの授業やねん。
だから、頼むから教室に行ってくれ。」


息子は強制的に教室に連れて行かれたらしい。
授業中も、先生は息子の事を気遣って、
クラスに自然と馴染ませるように対処していてくださったようだ。

「へ~。クラスで授業受けたん。スゴイやん。」
「無理やりやけどな。」
でも、その事を話してくれる口ぶりは、以前のような辛さは感じられない。
表情も明るい。
なんか、ホッとした。

そして、今日は午前中から登校した。
クラブ活動だけになる土日以外で、午前中から登校するのは
不登校になってからは初めてかもしれない。

そうだからと言って、私は一喜一憂しないんだけど、
少しずつ変化していっている息子の様子は素直に嬉しい。
これから、どういう変化をしていくのか楽しみだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。