--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月15日 (木) | Edit |
昨日も息子は朝早く起床してきた。
主人も早かったので、ずいぶん久しぶりに家族4人で朝食を食べた。

娘は8時に登校。
息子も着替えを済ませていたので、今日は朝から登校するのかなと思っていた。

私はすぐに仕事だったので、息子の事は放っておいたのだが、
いつになっても出掛ける様子がない。
店から中をのぞいてみると、机に向かって何やら勉強している。

仕事がひと段落着いてから、息子の手元をのぞいみると、
大学受験のレッスンの課題に取り組んでいた。

「それってさ、学校から帰ってから1時間だけやるって言わなかった?」
「だって、一つの課題で4時間くらい掛かるんだもん。」
「じゃあ、今日は学校に行かないわけ?」
「昼から行く。」
「でもさ、大学入試の勉強より、高校卒業の方が今は先なんじゃない?」
息子は返事をしない。

う~~ん。
やれなければならないのは分かるが、次のレッスンまでにはまだ十分な時間があるはず。
なんか、学校に行かない上手い理由付けのような・・・
私はそれ以上は言えず。

今朝、台所に学校から渡されている、学習の記録を記入するノートが置いてあって、
ちょっと見てみたら、昨日の学習状況が記入してあった。
このノートを書いたのって、高1の5月以来かな?
そう考えると、少しはやる気があるのかな。
学校の勉強じゃないけどね。

このままのペースで進級が危ないとなれば、
そのときはそのときで息子は何か考えるのだろうか。
多少の助言はするけど、息子の考えに任せるしかないのかな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。