--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月21日 (水) | Edit |
少し遅れて登校し、別室で勉強(何やってるかわからないけど)してから、
HRだけ出てクラブに参加する。
これがごく最近の息子のペースらしい。

学校でどうしたこうしたって事はあまり聞かないので、
今朝担任に電話して知ったことだ。

誕生パーティーの日
「胃が悪い。」と言っていた息子。
昨日も帰宅するなり
「何か胸がざわつく。胃に穴が開いたみたい。あぁ~。」
と、しきりに言う息子。
何とか夕食は食べたのだが、そのまま眠ってしまった。

熱も無いようだし、風邪ではないとは思うけど、今日は様子を見ることにした。
一昨日も、心療内科に行ってきて、先生に調子を聞かれたら、
「調子に波があります。」
と話していた。
「普段の日を80%の力で過ごしてください。そうすれば波の幅は小さくなりますよ。
あんまり頑張り過ぎないようにね。」

と言われていた。
冬休み明け、少し頑張り過ぎたのかもしれないな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ワタシは一人っ子なので、10歳年上の従兄が兄代わりです。
お互いの子供たちが小さいころはよく行き来をしていたのだけど、従兄が引越しをし、従兄の娘たちが大人になった今では年に何度か会う程度になってしまいました。
息子の不登校についてはオットの実家をはじめ、親類には一切話しませんでした。友達などにはわりと気軽に話したけど、親類となるとなにかの折りに一生いわれそうだから・・・。
従兄も知らないと思っていたのだけど、うちの母が言ったのかな・・・。
あるとき「H(息子)はど~よ?」というので、「(高校になってから)無遅刻無欠席で学校へ行ってるし、バイトも真面目に行ってるよ」というと、「Hの性格じゃそうだろうな・・。けど、あんまり真面目ってのもなぁ・・。お前のダンナも相当仕事が忙しいようだから気をつけてやれよ。オレみたいになるぞ。」と従兄。
オレみたいになるぞ・・・。以前、従兄は仕事上のことでウツ状態となり、会社を辞めて何年か家にいたことがありました。
若いころはスポーツマンで元気なお兄ちゃんだったのに、ウツの時期は目が遠くを見ている感じで、家の中にこもったまんま・・・奥さんや子供たちは相当大変だったようです。
今はもう元気なオッサンに戻り、仕事をしているし、少年野球のコーチなどもやっているようです。
わびちゃんさんちの息子さんはウツではないでしょうが、先生がおっしゃるように、頑張りすぎず・80パーセントくらいの力で過ごすというのがいいのかもしれませんね。ワタシの従兄も同じことがいいたかったのだと思います。

息子の心療内科の先生は「いまどき、無理してまで学校なんて行かなくてもいいさ。大学へ行きたければ、認定試験でもなんでも道はあるよ。まぁ、ガリ勉して医大に入って医者をやっているボクが言っても説得力ないかもしれんけどね 笑」っておっしゃってましたっけ・・。

2009/01/21(Wed) 12:06 | URL  | れいんぼーまま #Dg/6wNbc[ 編集]
れいんぼーままさんへ
うつになりやすい性格っていうのはあるようですね。
私は人に任せたり、依頼するのが苦手で、何でも一人で背負い込んじゃう。
“私が頑張らなくちゃ”っていう思いが強いんです。
“良い嫁”“良い母“”良い妻”を演じるのに必死だったんですよ。
商売をしていることもあって、八方美人的なところもありますし。
でも、やはり無理があったんだろうなって思います。
息子も私によく似ています。
“真面目過ぎるくらい真面目”って、適正テストでも結果が出てました。
それをよく理解して、“適当”にやるってことも必要ですね。
2009/01/21(Wed) 16:10 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。