--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月10日 (火) | Edit |
先日、大阪府の橋下知事が、
東大、京大、阪大、早稲田、慶応に合格できる人材を育てる目的で、
大阪府下の公立高校10校を“超エリート校”として指定する案を出していた。

芸術やスポーツが出来るというのは、もちろん才能なんだけど、
勉強が出来るっていうのも才能であって、
それを、伸ばす公立高校があってもいいのではないかという考え。
確かに、間違いではないと思う。

奇しくも、今日は私立高校の入試日なんだけど、
うちの息子は2年前に専願で今の高校を受験した。
中学の担任との進路相談の際、公立しか考えていなかったのだが、
大学進学を考えていると答えたら、
「では、私立ですね。」
と言われた。

息子は内申点があまり良くなく、
学区でも上位の公立高校を目指すとすると、
当日の試験の成績が良くなければと言われていて、
「私学向きですね」と、断言されていたのだ。

各高校のパンフレットを見てみると、
息子の第一希望の公立高校からは、
国公立合格者は20人ほど。
でも、今通っている私立の高校は、
東大、京大、阪大、神戸大だけでも90人ほどの合格者があり、
国公立の合格者は実に200人近い。

なんで、そんなに違うのか?
そりゃ、単純に勉強時間の違いでしょう。
公立は圧倒的に休みが多いですからね。

そう考えると、公立高校からでも国公立が狙える
“超エリート校”っていうのは魅力的なのかもしれない。
でも、大阪府下の公立高校の校長の実に7割以上が、
この案に反対だそうだ。

そりゃ、そうだよね。
エリート校に指定されない学校はどうなるの?である。
そっちのフォローも必要だと思うな。

反対意見の中に、
“そんな事より、不登校とかの対策をして欲しい”
っていうのがあって、私的にはそっちの方が興味をそそられたな。

不登校の子どもの実数って、
義務教育である小・中学校のみで、高校生は入っていない。
数えれば相当数の不登校の子どもがいると思うんだけど。

うちの息子は“公立に替わりたい”って言ってた時期があって、
担任に聞いてみたら、転校っていうのはできなくて、
再受験して1年生からやり直すしかないって言ってた。
もちろん、息子は年下の子と一緒になるのは嫌だって言ってた。
そういう点で、転校とかできるといいな~とか考えたり。
とにかく、“不登校”って言葉に耳がダンボになってしまった私です。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大阪はむしろ遅いくらいじゃないかな。
京都では数年前にもう、公立高校も数校スーパーサイエンス指定とかの高校があるし、
中高一環という公立校も数校できた。
22歳の長女が高校進学時、ある公立高校の説明会に行ったら、先生がずらりと並んで、
いかにこの高校が素晴らしいかとプレゼンしはるねんよ。特別じゃない普通の公立高校でもそんなんよ。びっくりした。
勿論他にもお金をかけるべき教育関係の問題は山済みだろうけど、多分、わかり易いとこから改革ははじめられるだろうし、橋下知事って、攻めることの方がお得意そうだから、なかなか不登校問題には着手してもらえないかもね。

2009/02/11(Wed) 05:44 | URL  | あずりん #-[ 編集]
あずりんさんへ
そうですよね。
2学期制についても大阪の導入はまだまだで、
近県の状況を見てからって感じなんです。
公立の中高一貫校も、今年度初めて導入されたところですからね。
エリート校についても、東京などの成功例を見たから始めようと思ったのでしょうね。
・・・不登校問題はずいぶん後回しになるんでしょうね。
2009/02/11(Wed) 07:40 | URL  | わびちゃん #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。