--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年09月20日 (土) | Edit |
息子は、先輩に渡さなければならないものがあって、
どうしても学校に行かなければならなかったのだが、
やはり起きられない。
「どうするの?何時に行くん?」
「う~ん・・・11時半には行かなあかん。」
「じゃあ、お弁当作ろうか?」
「うん・・・。」

お弁当を作り終えて、息子が起きてくるのをひたすら待ったが起きてこない。
“こうなったら、先生に頼んで渡してもらうように頼むしかないか”
と考えているところに、息子が起きてきた。
「・・・もう、3時だよ。」
お腹が空かないと言っていた息子だったが、
なんとかおにぎり1個食べさせて送り出した。

「○○は持ったか?忘れ物は無いか?」
気を使いながら主人が息子に声をかけているところを見ると、
“悩んでいたんだな~”と思った。
ケンカのせいもあったけど、主人が喋らなかったのは、
息子の事が気に掛かっていたかららしい。
主人は主人で辛かったんだろうな。

でも、とにかく今日は遅刻しながらも登校し、9時半頃帰宅してきました。
帰って来るといきなり2階に上がって、携帯のメールチェック。
口笛が聞こえてくる。
息子が口笛を吹くときは機嫌が良いときだ。
なんか、ホッと安心。
歌も歌いだした。
「えらいテンション高いな。どないしたん。」
すると、息子から軽い蹴りを入れられた。
「あ、余計な事言ったかな?」
「明日、8時半集合やから、6時45分に起こしてや。」
「はい、はい。お弁当もね。了解。」
最近病み病みだった息子ですが、今日はちょい元気を取り戻しておりました。
少しの事で一喜一憂してはいけませんね。
P1000736_convert_20080920230606.jpg

自転車の荷台がお気に入り
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。